『さがす・つくる・まもる』
ライフステージ有限会社
         9:00~18:00アドレス:info@life0.jp
水曜日・祝日
2021年10月14日
ブログ

食中毒は意外と秋にも多い!

実は9月・10月は、食中毒の発生件数が多いんです。体力・免疫力が低下し、体調も崩しやすいことなどが影響しています。
細菌が原因の食中毒の発生が高く、「ウェルシュ菌・カンピロバクター」といった食中毒も多いです。

~ウェルシュ菌特徴~
とにかく熱に強い!牛・豚・鳥肉などについていて、下痢を引き起こします。加熱による予防が難しいため❛菌の増殖を防ぐ❜ことが重要です。

~カンピロバクター特徴~
主に鶏肉に多く、潜伏期間が長い!食肉から調理器具などへの二次感染が多く、腹痛・下痢・発熱などの症状が起こります。



防ぐポイントは?

つけない:包丁やまな板など使用したらその都度洗う・熱湯消毒をし、感染を防ぐことが重要です。こまめな手洗いも心掛けてください。

増やさない:細菌は10℃以下の環境になると増殖スピードが遅くなります。また、-15℃以下になると増殖しなくなります。冷蔵・冷凍庫へ保存しましょう。

やっつける:細菌は加熱により死滅するものが多いです。肉、魚、野菜はなるべく加熱調理をしてください。



食中毒に気を付け、美味しい食べ物をたくさん楽しみましょう!(^^)!

arrow_upward