ライフステージ有限会社
         9:00~18:00アドレス:info@life0.jp
水曜日・祝日
2020年11月01日
ブログ

増えている『老老介護』・『認認介護』にどう向き合うか・・・

『老老介護』とは、65歳以上の高齢者を同じく65歳以上の高齢者が介護している状態のこと。

『認認介護』とは、認知症の要介護者を認知症の介護者が介護している状態のこと。

問題点は、改善できるのか?

一般的には高齢になるほど体の自由が利かなくなり、介護者の肉体的な負担が増えていきます。介護者が高齢の場合は、さらに大変であること。また、精神的な負担もかなりあり、ストレスが虐待行為に結び付くことも。

平均寿命も厚生労働省の発表によると、2010年時点で男性約80歳、女性では約86歳という現状です。核家族化が進む日本では、老老介護も避けられないのかも知れません。

いずれ、自分も同じ状況になる可能性を考えると、今を生きるのも大切だと思う一方で、老後を迷惑を掛けないように生きるのも課題の一つと考えさせられます。

arrow_upward